ライダーズカフェに行こう 第16弾

おはようございます
10月10日 月曜日 体育の日 (^^ゞ です


今年も大山TTが終わり1週間です
ようやく淋しさも紛れて平常心で書いてます (*`艸´)

大山TTまでに全部紹介しようと思っていた 「ライダーズカフェに行こう」 も

またぎます 



第16弾は 

小林店長です (^^)/

画像


クシタニ西宮店です

もちろんカフェではありません

クシタニ製品の販売及び修理を主とするお店です
カフェ仲間でイカすゆかちゃんがバイトしているので出入りするようになったのですが、
小林店長の人柄が作り出す店の雰囲気が心地良く、ゆかちゃんが居ない時でも気楽に寄れるお店になっております。


僕はオートバイに乗る様になってから革に対する認識が大きく変わりました。
それまではランドセルや手袋に革靴といったぐらいしか馴染みが無かったんで、革製品を身に纏うと言ってもせいぜいTVドラマでヤンキーが着ている革ジャンぐらいしかイメージに無かったんです。


最初にオートバイに興味を持ったのもTVドラマの世界でした。
映画イージーライダーでピーターホンダが載っていたチョッパーに衝撃を受けた時もまだライセンスを持ってはいなかったし、彼らはどう見ても革のスーツは着ていなかった。
ロードレースに見る装いとはほど遠いスタイルだった。


それから何年か経ち本格的にオートバイを所有しツーリングを楽しむ様になるんですが、ピーターフォンダのチョッパーに感化されていた少年は、フロントフォークの短いハンドルだけがやたら伸びている和製アメリカンに馴染めず、それより鈴鹿で耐久を走り抜くレーサーの方にどんどん惹かれていくようになりました。

すると今まで知らなかったオートバイ関連の用品やブランドが目に飛び込んで来るようになるんですな、ヨシムラ、モリワキ、南海部品、タイチ、イエローコーン、BEET、ショウエイ、アライ、bell、デグナー、カドヤ、そしてクシタニ。
などなど。

色んなところから次々に湧き出る情報に耳を立て聴き入る、見るもの聞くのも新鮮で魅力的なものであれもこれも欲しくなる。
そんな中で初心者が何に心惹かれ品を選ぶかと言うと、単純にカッコよさである。
ネーミングのカッコよさ、ロゴのカッコよさ、
デザインのカッコよさ、それを着用している選手のカッコよさ、
プラス友人の口コミ。


モノの本質が見抜けない若かりし頃はどうしても横文字にカッコよさを感じていました。
南海部品よりもイエローコーン、アライよりもbell、と言ったように
そんな時クシタニに出会った。

先輩達が絶賛する革ツナギ、先ず何と言ってもデザイン、Kのラインが新鮮でひと目で虜になりました。
この頃はレースに出なくってもツーリングで革ツナギを着る事がステータスであり憧れであったからね〜
なかなか新品のツナギまで手が出なかった僕は、先輩のお古の黒いツナギを無理やり身体を合わせるように来ていたこともありました。


いつかはクシタニのツナギを着ようと思いながらも、次々に欲望は広がりオートバイを何台も変えて行き、その用途が完全にツーリングオンリーで革ツナギ対する思い入れもそれほど必要としなくなった今、もっぱら革製品はジャケットにグローブそれとブーツぐらいに落ち着いている。


今使ってるクシタニの革製品はグローブぐらいで革ツナギまで必要としていないんだけど、それでもちょくちょく顔を出してしまうのは、お店の空気が良いからなんだと思っています。


小林店長 いつもありがとうございます 


画像



                         

"ライダーズカフェに行こう 第16弾" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント