たいそうな男「前編」

おはようございます
2021年4月5日 月曜日

4月に入りました。
新年度 桜満開ですね

あちこち走り周りたいですが、
今年もなんか 少人数でこっそり走る事になりそうです。




温かな三月の終わりごろ、

「たいそうな男」と

ツーリングに行った。


164201030_159231469383566_7425382194563717703_n_RR.jpg


「どこ連れてってくれますの?」

と聞かれたので、
事前に出しておいたプランの希望はどう?
どこへ行きたい?と聞き返す。


「いや、北とか南って言うのは方角やてわかります
 けど二千とか千、八百って なんのことです?」

昼メシの予算額や


「ああ、二千円 千円って事ですか。
 どこでもいいですけど 行った事ないとこがええですわ」

北ならイカ丼、南ならカレー、西がロコモコって感じ。


「それやったらイカがええです、
 えっ? 北やったら三方五湖のとこですか?」

そうや、イカなら二千円。


「え? 行ったことありますわ、昔。
 そんなん知らんと行ったらチョット待たされて
 入りました、けど そんなしてませんでしたよ」

おおそうけ! 最近話題になってる所や、
ネットで調べたら千七百円とか千九百円って
出てたよ。でも、行った事あるならやめておこうか?


「いやいいです そこでいい
 イカ丼やったらまた食べたいし」

そやけど、行った事あるんやろ?


「ありますけど だいぶ昔やし 味忘れた」

そうか、俺は初めてや、
前にひろかずが、行って待った挙句
売り切れで食べれんかったとか言うとったけど、
今日は平日やしそないに混んで無いやろ


「そうですね あの時も近所の日産行ってる人と
 行ったから確か水曜日でしたわ」

ほなら行こか。

冬眠とまでは言わないけど昨年十一月から
乗り控えていたCBの埃をはらいエンジンを始動させる。
つい先月、百万回キックして
一度は暖機運転しておいたから
この日は脚が攣ることもなく五回程で済んだ。


家から琵琶湖沿いの湖周道路に出るまで、
最短コースで約九キロ。

その内の約五キロが
真っ直ぐ湖向かって伸びる直線道路。

こう表現すると、
なんかどこまでも琵琶湖へと続くまっすぐな道を、
湖上からの風を受けて快適に走って行く
って、感じがしませんか?

ところが現実は、
この五キロの直線上には十四個の信号機があり
この日はなんと
その内、十二個が赤信号!

なんと言う事や!
異常なまでのタイミングの悪さに、
出鼻を挫かれてフラストレーション溜まりまくり。

けど
彼とインカムで繋がっていたおかげで、
他愛もない会話で気を紛らす事ができた。

出発時にインカム接続が上手く行かず、
ヅルヅル出遅れた事が、これで帳消しになった。


湖周道路は湖沿いに作られた道路で、
それなりに交通量もあるが信号機の数が少なく
そこそこのペースで走れるので快適な道路と言える。


「あー!なんかいつもついて走っている時より
 今日はマフラー音が大きく聞こえますわ」

あ? そうけ なんも変えて無いけど、


「多分インカムのせいですね そっちのマイクで
 拾った音が僕にはスピーカーから聞こえる分
 いつもより大きく聞こえるんですわ」

なるほど

よく晴れた青空の下、
琵琶湖に浮かぶ鴨や雁を眺めながら
僕たちは軽快に走った。

来月から勤務体系が変わり、
平日に休みが取れるのは
この日が最後だと言う彼の為に、
平日ならではのツーリングプラン
(要するに有料道路を避けたルート&土日は
混み合うお店)の中から
彼が選んだイカどんぶり!
楽しみぢゃねー

今回、唯一の有料道路を八十円払い通り抜け、
今まで左側に見ていた湖面を
今度は右側に変えて走り続けた。
もう一週間もすれば桜も見頃になるんだろうなぁ
特に渋滞も無く車の流れに身を任せては、
景色と雑談を楽しみながらノンビリと北上して行く。


169358917_503564704140695_2254459169669810097_n_RR.jpg


彼とは普段、顔を合わせる機会も少ない
それに顔を合わせてもゆっくり話し込むなんてまず無い、
って言うか、出来ないと言った方が近いかな?

今日はインカムのおかげ、
それも二人だけと言う状況からゆっくりと
それこそ何回も聞き直したりして
仕事の話などを聞くことが出来た。

若狭へ抜ける辺りから
ずーっとグーグルナビを起動させっぱなしの彼に
前を走ってもらうことにした。


「あっ なんか静かになりましたわ」

何が? 
俺を抜いて行って第一声がこれだった。


 「スピーカーからの音しか聞こえん様になりました」

なるほど、


「抜かします」

そう言うと彼は前方の軽自動車を抜き去ると、
グングン加速して離れて行った。

その姿を後ろから眺めつつ、
あの彼が、、、、と、
なんとなく楽しくなって来た。

そんなこと考えてる間に
追い越しのタイミングを逃した僕は
焦ることなくノンビリ軽自動車の
テールランプを眺めていた。

しばらくすると軽自動車が左折し
僕の前がクリアになったので少しペースを上げた。


「来はりましたか、姿が見えんでもインカムから
 排気音が聞こえているので、ああ加速しはった
 ってわかりますわ」

なるほど、そんなふうに応用も効くのか、
ならば、インカム付けてても何も喋らんM君も
マフラー変えてくれればええんやな



「もうすぐ着きますわ 右手のあの建物です」

そう言って彼は
大きく前方を指さした。


つづく❣️


168648868_4053714511353464_6094456581974217201_n_RR.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

面白い
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント