カキオコの教訓

おはようございます
2020年7月13日 月曜日です

今週も雨で始まりましたね
今日はカキオコの話なんですが、
そう言えば土砂降りの中を
あえてオートバイで日生まで行った事がありました
懐かしいです
その時の事も書き残していたと思いますが、後でちょいと探して見ますかね😁


さて、始めましょう

赤色のオートバイを買ったあねさんと、
シーズンが終わる前に食べとかなきゃって、
日生へ、カキオコを食べに行った。


と言ってもツーリングでは無い。
今回は保護者同伴で車にて行きました。
三木であねさんとあっきょちゃんを拾って、
拾うと言っても落ちていたわけでは無い、当たり前か😅


車中で、
ああやこうや言いながら山陽道を抜けて日生に着きました。

お馴染みのお店が定休日だったので、
今回は初めてのお店を探しました。

沢山食べれない母の為に牡蠣焼きなる物を注文し、
僕たちは三人とも牡蠣増量をいただきました。

IMG_4438.jpg


IMG_4439.jpg


ごちそうさま。

この後、
全然牡蠣食べ足りないあねさんは、五味の市で買って帰ると言う😅
平日の五味の市はがら空きでビックリ!
今まで日祭日の賑わって
駐車場も溢れ返っている市しか知らなかったのでコレはおどろきました。

市場内もそれなりに空いていて、
入った所でいきなりあねさんが牡蠣物色!

 「コレひとカゴ千円ですよ どうですか?」

売り子のお姉さんがお勧めを押してくる。
目の前のザルの山盛り入って牡蠣に千円 二千円 三千円と札が付けてあるから 
言ってる千円はコレのことかと直ぐに分かる。
二千円のは単純に千円のを二つ合わせただけなのだろう、
それ以外に違いを見つけられない。


 「どうですか? 帰ってレンジでチンするだけで食べれますよ」

 「どうしようかな、二千円は多いかな」

あねさんが思案してる横から、

 「こっちも同じ値段かな?」
 「コレも付けてくれるの?」

なんて買う気も無いのに茶々入れてたら、
そのお姉さん、
へっちゃらであれもコレもとサービスしてくれる😅

 「あねさんどうする?」

 「買うわよ ぢゃこっちの千円ので」

 「はい、ありがとうございます。ぢゃあコレも付けちゃいましょうね」

そう言いながらお姉さんは千円のザルからあけた袋にむかって
いくつも幾つも牡蠣を放り込んでくれた😅

 「わあ! 嬉しい ねえきくちゃんは買わないの?」

 「買うよ コレみてたら買わなきゃ損でしょ」

お姉さんは横の二千円のカゴから適当に千円分入れてくれた
帰って数えたら三十二個もあった。


その後、ガラガラの市場をウロウロしてたら果物やさんがあった。
こんなん前に来た時は全く気づかなかった、
カキフライソフトに気が行ってたのかもしれないけど、
あの頃もあったのかな?

そんなこと考えながら眺めていると、
店先に大きな文旦が五〜六個ネットに入って八百円!

買う。

お金払って文旦抱えて振り向いたら、
八朔が十個位 ネットに入って八百円!

コレも買う。

果物好きの母が見逃すはずもない
早速車に戻って文旦解体して頂きました。


IMG_4452.jpg

めっちゃ美味しい。


帰りの車中は柑橘系の香りと
早く帰って牡蠣が食べたいオーラで満ち溢れておりました。


教訓!

♪人生は一度、、命は

ちゃうちゃう!
牡蠣の教訓や!

一、カキオコは店によって違うから、満足を求めるなら知ってるお店に行くべきである。

ニ、五味の市での買い物は、平日の午後がいい。

三、「ニ」の場合車で行くべきである。だってオートバイでは牡蠣三十個 八朔十個 文旦六個は積んで帰れない。





四、早く帰って牡蠣食べたいオーラのあねさんも、
  別腹には勝てん!


IMG_4451.jpg





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい

この記事へのコメント