うまじととりなんばんの旅 2

おはようございます
2019年6月10日 月曜日です



  「室戸世界ジオパーク」

わざわざUターンしてもまで寄っておきたかった所が、
この室戸世界ジオパーク。

入場無料の館内では、
いきなり龍馬の休日と称したPOPに出迎えられて、
可愛いお姉さんからイベントのクジを全員がニコニコしながら受け取り、
当たったの?
外れたの?
ここはジオン軍の基地か?
龍馬の休日ってローマの休日をパロってるなあ?

なんてワイワイ言っておりました。


ジオパーク!
それなりに展示物を見たり読んだりしてはいるけど、
正直なところ地層の事、
段丘や化石と言われてもイマイチピンと来ないのは僕だけだろうか?

そんな中 たくやんが

 「きくさん こんなん好きやろ」

って見つけてもらってきてくれた冊子が、
「幕末維新の土佐 探訪図会」 と書いてある。

これがまた素晴らしい書物で
幕末維新のこの国の出来事をば土佐を軸に記してある。
よくぞ見つけてきてくれた。

僕が好きそうな 冊子 だと気づくなんて 察し がいいね~

たくやんありがとう😊


僕がすっかり地層より幕末維新に気が行っていた
その頃、

彼は玄関先で
大地の鼓動を身体全体で感じておりました。

画像





  「室戸岬」


画像



言わずと知れた中岡慎太郎の像がある所

そして海。

太平洋ぜよ!

画像



やっぱ、
心はいつも太平洋ぜよ!

座右の銘である
どんなときも、
広く深い心を持たにゃいかんぜよ
太平洋のようにの、

桂浜までは行かんけど
桂浜にたっちょる龍馬さんと
同じ太平洋を見ちょるき!


画像




画像


いや、太平洋が見えずとも
心をひろ~く持っちょればどこに居たって一緒じゃき


画像


なーんて言っちゃって、

次行くか






  「コンビニ」

トイレ休憩に入った
おかしい?

今度はアイスを食っとる

普段から甘いものをキライ
黄昏に近ずくにつれコーヒーはおろか水分さえもとらず

ただひたすらその日の疲れを癒す為の
ビールの旨味を最高にする為だけに、
全ての邪念を振り払っていた彼が、

いや大袈裟に思うかも知れんが
ホントそれだけの為に普段から仕事をしている彼が、

アイスを食っとる。


画像


ラムネと言い、今度はアイス。
なにがあったのか? この土佐地で。


こんな看板を見つけた

なあ、あそこ行かんか?


画像


 「モネの庭? モネの池 って言うのがあったの~」

 「それじゃなくてその上」

 「北川 村役場」

 「役場行ってどないすんねん!住民登録すんのんけ、その上や!」

 「ハハハ わかっちょる 中岡慎太郎館やろ 行こけ」

やっぱり!変ぢゃ、
いつもならこの時間どこも寄り道せずに宿まで行って
とにかくビールを飲みたがる彼が😅



  「中岡慎太郎」

画像



龍馬と共に倒れた中岡慎太郎、

画像



享年二十九歳、龍馬の二つ下、
陸援隊を率いた中岡慎太郎、


画像



この北川村の庄屋に生まれ
およそ百五十年後の平成五年、
中岡慎太郎館は、
ふるさと創生資金の一億円を使って建てられた。


画像



それは当時住民が一番望んぢょった事で、
わずか三十歳に満ちょらん生涯を閉じよーた男が、
百五十年もの後まで住民のこころば動かしたがや、


なあ そう思うじゃろ?

  「えっ?」


画像









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック