And on a light truck Ⅱ

おはようございます
2018年9月24日 月曜日です


では先週の続きを





「 And came back on a light truck 」



『 3 』


滝野社インターから中国自動車道に入った軽トラは、
播但道を経由して山陽道を笠岡インターで降りた。


「ここや ここ この上や」

暗闇の中、
軽トラのボンヤリしたヘッドライトに薄し出された看板には「風曜日」の文字が

画像


着いた。


なんかよく分からんままに 奥へ軽トラを停めて、
着替えやら荷物やら、なんやらかんやら荷台から下ろし
マスターの後を追いかけ玄関の戸を開ける。

こんばんは、お邪魔します。

 「どうぞどうぞ こちらへお入りください」

そこは良くある田舎の民家そのもので、
あがり口にはヘルメットやミニカー、写真やステッカーの類が所狭しと展示? されている。


違う! 想像していたのと全然違う!

僕はまたマスターの知り合いだと言うから、
ハレーにチョッパーやドクロやチェーンと言いった
バリバリでキンキラのアメリカンなライダーハウスを想像していたんですが💦

予想を大きく外してヨシムラや、8耐の写真に応援フラッグも見受けられますし、
ヘルメットもフルフェイスが多い😁
至ってノーマルなオートバイ好きの青年って言う、
感じの良いオーナーでした。

ここでまたまたマスターの交友関係の広さを知った訳です。
お風呂に入り、持って行った酒とツマミで盛り上がる三人。


画像



そしてマスターはローラーベットに横たわり恍惚状態😁
余程狭いパッセンジャーシートで小さくなって居たのが応えたようで、
脊髄が伸ばされる過程で アッ! ウッ! お~!とあえぎ声をあげていた。

しかし、
こんなベッド、整骨院でしか見たことが無いよ😁


画像



もっと話していたかったんですが
オーナーは本職の朝が早い為日付が変わる直前におひらきして眠る事に。

葦簀の立て掛けてある縁側の引き戸を全開にしてくれたオーナー、なんか懐かしい!
この気分、戸締りどころか戸を全開にして眠る。
街では物騒で完全に戸締りをしてなければ安心して眠る事など出来ないのに、
こんなオープンな無防備で寝ていいのだろうか?

不安なら戸を閉めれば良いのだけど、
マスターはそんな事、気にも止めずにスマホをいじってる。
ホント心地よい風に包まれ農家の夜は静かに僕を眠りの中へ落としてくれた。

ところが
普段から2時3時まで起きてるマスターが、そんなに簡単に寝る訳もなく、
暗がりの中スマホのディスプレー光を頼りに冷蔵庫迄行き、ビールを飲み
ビールを飲む。
無くなったので布団に戻る


画像




朝、田舎の空気を吸いに表へ出る。

ははーんこんなところだったのか、
昨夜はちっとも分からんかったけど、近くにはこんな趣きのあるとこだったのか😁


画像



画像



画像




画像



散歩を終えて二人が起きてきたところで早速積み込み開始。


画像



 「積み込み用の板とかありますか?」

 「ああ ありますよ農機用だけど、これで大丈夫です」

 「助かります」

 「下ろすときはどうなんですか? 向こうに何かあるのですか?」

 「いや こんなのは無いけどまあ 人力で」

 「えっ(; ̄O ̄) ロープは持って来てるんでしょ?」

 「はいはい これと これ 三本ほどある」

マスターが示すロープを見ていたオーナーは、最後の黄黒のナイロンロープを見て絶句していた。

 「取り敢えず載せましょう 押すの手伝ってくださいね」

エンジンはかからないとは言えオーナーは手馴れたもので、
農機用のラダーを出してきてあっという間に荷台に載せてしまった。

画像



さてどういう縛り方をしようかなぁ
この真剣に引っ張ったら切れるであろう黄黒ロープ、
これはフロントタイヤを 荷台の端っこにくっつけてグルグル巻いておこう。

あとはまともなロープとまともな荷締めベルトで双方へテンションかけておけば大丈夫。

だろう
なんせ俺は優しい運転だからね😁


画像



画像


オーナーに別れを告げて帰路につく
ありがとうございました
今度はオートバイで泊まりに来るからよろしくね~


画像



気さくなオーナーとライダーハウス 農村?

違った
ライダーハウス 風曜日!

あえて紹介するまでも無く有名だと思いますが
一泊 2000円 食事なし
タオルバスタオル完備 手ぶらでお風呂入れます。

ぜひこの風に吹かれて見てください。

画像








『 4 』

さてマスター、着いたけどどうやって降ろすこれ?

 「どうしょうかね どっかに板無いかな」

板って言ってもそんなん

 「まあ大人3人いたら なんとかならんかな?」

なるかも知れんけど 俺は三人の中に入れんとってね

 「なんやそれ! ああ パレットがあるわ」

ぱれっと?

 「順番に並べるねん 階段みたいに」

なるほど

そや、 ちょっと待ってや   写真撮るわ!



画像






  ねえマスター 俺たちはいつまでこうしてなきゃいけないんでしょ? 
 







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック