びんちょうまぐろは歓迎するが、

 4月14日月曜日 

やはりこの話を早くしておこう

 「8-5=3」

 ご存知消費税が5%から8%に変更なり2週間が経ちました
今までは買った(消費)モノの5%分を税金として収めていたのを
これからはもう3%多く税金を納めると言うすごく単純な話です


 100円の品を買うのに105円支払っていたのが108円になる
今までより3円多く税金を納めるわけです
簡単な話でしょ

なのに

支払い時にレジで驚き
財布を開きながらも単純な計算が出来なくなったと頭を捻って帰ることが何度かありました

 どう言うことかと言いますと、以前から利用しているお店での事 
前は税込で105円、210円、と言う商品を買っていた記憶があり、
先日は当然108円、216円だと思って330円をつもりしてレジへ行くと、

「335円です」

あ?  5円? はい。

支払って駐車場まで歩きながら頭の中では (108+216=324)?のはず、、、
レシートを見ると
 
 100円×1  210円×1   小計 310円  消費税 25円  合計 335円

なるほど、計算は合っている

けど、

けど、210円って税込価格やったん違うんかい?

まあ、記憶違いかと思いながら帰って来てからもなんかひっかかるし、考えましたが

やはり、
だって、105円の方は100円になってるやん

以前は総額表示で105円と210円で315円を払っていたはず

と言うことは消費税変更に合わせて200円商品だけ210円に値上げしたと言うこと?

これって便乗値上げ?

だとしても、そこのお店の方針だから従うけれど、
せめて「値上げもしてます」表示が欲しかったなあ、

 「消費税のせいで高くなっただけです」みたいな顔してレジ打たれると腹立たしさがこみ上げてくる


こちらは先日折込チラシに書いていた毎度の売出し品、以前と同じ価格で表示してあり、
値上げしてないなあと感心したのもつかの間、横に税別って書いてある(・_・;

これも税込で総額表示していた商品の総額を、そのまま本体価格して税別と書き直しただけで
実質 5%の値上げを含んでいる事、世間の皆様は分かってらっしゃるのだろうか?

写真で見て欲しいのは下の欄に書かれている文章。。

画像



これが原因かな?

 「消費税転嫁対策特別処置法」。。。。ググってみましょう

きちっと説明すると誰も読んでくれそうに無いので、ざっくり言うと消費税が8%に上がった分を値引きしますとか、お店が負担すると言った広告を出してはいけない。(消費税は全て消費した者が等しく負担するモノで代わりに誰かに助けてもらうものではないと言う認識を定着させるのが狙いでもあるのかな)


そしてこんなことも書いてあります。
小売店の値札作り替えのリスク軽減のため、+税 と付け加える事で本体価格のみの表記でも良い。
(わかりやすい良い例と悪い例も載せてあるのだが)

どうやらここに販売店主の解釈の相違 (もしくはズルさ) が生まれ、消費者の混乱の原因となっていると考えます。

「びんちょうまぐろは歓迎するが、びんじょう値上げは歓迎しない」



思い返せば10年ぐらいまえだろうか、お店の価格表示が内税表記に統一されたのは、おかげで一生懸命暗算することなく、単純に足し算だけでレジに並ぶと言う楽ちん習慣がすっかり身に付いてしまった事で、

表示イコール総額だと言う思い込みと、
以前と表示価格が変わっていないと言う事は、消費税がUPしたけれど、
お店が企業努力をしてくれたんだと言う善意の誤解が、

本当は5%の便乗値上げをされていることに気付かず、嘆くべきは消費税のせいだと感じている幸せな消費者を生み出しているのでは無いだろうか?(まあ幸せと感じているならいいけれど)



一方、こう言う広告

画像



この作り方は消費者が誤解を招かないようにと、気を使っている店主の配慮がうかがえる、と思う


さて、もうひとつ杞憂するのはお財布ケータイを利用していたらこのレジでの疑問は生まれたであろうか?
こう言う電子マネーで支払いを済ませるときは、楽チン=スマートを優先してしまいますものね


「楽をするとバカになる」
ちと言い方は乱暴ですが、常日頃自分に言い聞かせていることです。

「税の事は もう taxさん 」 なんて言わずにあたまつかいましょ。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック