きくにいのしゃれっけ ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS recall 4100

<<   作成日時 : 2018/04/16 00:04   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

おはようございます

2018年4月16日月曜日です
先週は盛りだくさんでバッタバタしておりました。



リコールの通知が来た


画像



6年前にタダ同然の価格で従兄弟から譲り受けたスバルサンバーバン。
外見は見事にいろんな模様がついていて、見るからにオンボロ軽バンと言った印象を受けるが、元々走行距離が少なかったせいか僕が4万キロほど走り回ったけれど、車齢17年経った今でもまだ7万キロ台でエンジンはすこぶる快調にまわってくれている。


リコール箇所はクランクのプーリーが破損するかもしれないという内容で、おそらくプーリー交換だけで済むと思われる。

リコールと言うと良く欠陥車を売りつけられたと機嫌の悪くなるユーザーもおられるが、車輌の何処かに欠陥が見つかりそれをメーカー主導で修理すると言うものであるから、そのユーザーがそう言うのも間違いではない。

しかし、かと言って文句を言ったところで始まらず、メーカーも悪気があって欠陥パーツを使っていた訳でも無いし、不具合が見つかった所でいち早く国土交通省に届け、リコールとして回収対策に取り組んでるいるから良心的なメーカーと言っていいだろう。

そんなことを僕が言うのは、過去にリコールを出した途端に資金不足かどうかは知らないが、廃業したメーカーの話をニュースで見た事がある。


こんな時リコール車輌を持っているユーザーはどうなるのか?
リコールの出た車輌は箇所にもよるが、対策を済まさないと車検に合格しないので次回の車検までに対策をする必要がある。
しかし責任あるメーカーが廃業してしまっていてはどうするの?
別の修理業者に対策を依頼したとしても無料ではやってくれないしね。
その場合費用は個人持ち? 

ユーザーには何の落ち度もありませんが、車検を受けて乗り続けようとするなら車検費用+それなりの負担がかかるわけですな (´;ω;`)ウッ…。
それより欠陥が深刻な場合、走行中に事故に遭うかもしれません。


そんなニュースの事を思い出しながら、こんな時でも無い限り良心的なディーラーに行く事も無いだろうから電話予約をし出向きました。


いち早く建物から飛び出して来た脚の長い受付女性が身元確認を行うと、その場に車を置きショールームにて待つ様に指示をくれた。

ショールーム内はガラス張りの壁に沿ってテーブルセットが配置されており、真ん中に1台のスバルが展示してある。奥側はkidsspaceになっておりクッションフロアーで区切られ玩具が多数並んでいる。

国道に面した席から行き交う車を眺めていた。
対面の工場敷地に植えられた木の枝に烏が巣を作っている様で、しきりに烏が出入りしている。


こう言った所では黙っていても席に着けばお茶のサービスとか出るのかと思ったが一向に出てくる気配は無く、リコール客だからかと思ったけど他の来客者にも出してる雰囲気は無いのでそう言うもんだろう。

kids spaceの横にドリンクの自動販売機が設置されている事を思えば、欲しい者はそちらで購入すれば良いのだろうが、あいにく業者が商品詰め替え作業をしている様だったし特に飲みたい訳でも無かったので知らん顔をしていた。

いつものスタバでコーヒーを飲んでいると、対面の自動車ディーラーのショールームが伺えるのだが、そことは明らかに雰囲気も違うのは扱い商品の違いもあるから仕方がないとは言え、来店者に対するおもてなしの気持ちは同じ意識を持っていてもいいと思うけどね。



やがてフロントマン風の男性が1枚の紙を持ってやってきた。

「ただ今作業しておりますが、見たところチャージャーベルトの劣化激しく交換をお勧めします。ただ部品は無いのですが、今ならプーリーを交換している所なのでこの価格でさせて頂けますが」

そう言って手にしていた紙を僕の前に差し出した。

それはチャージャーのベルト交換の作業見積もりだった。
プーリー交換と同時作業だからその分差し引かれたお得な価格が提示してあった。

もう一度聞いてみた。
部品無いのですね?

 「はい」

ぢゃあいいです。 自分で換えますから、
ベルト家に有るし。


画像



 「そうですか」

フロントマンはちょっとガッカリした風に答えた。
彼がガッカリしたのが、要らないと言った事か、自分で変えると言った事か、
それとも家に部品が有ると言った事なのかはわからないが、
僕が彼の期待には応えられなかった事は事実で有る。


こうしてサンバーのリコール対策は終わり
今週も元気に働いてくれる はず (^▽^)/。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
recall 4100 きくにいのしゃれっけ ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる