きくにいのしゃれっけ ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS The seisyunbeya capacity is over.

<<   作成日時 : 2017/09/11 00:12   >>

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

おはようございます
9月11日 月曜日です

大山の組み合わせを決めねばなりません
このひとたち、、、、、





 「いったい何がこうまで人を惹きつけるのだろうか?」

日曜日の夜、普通の人は翌日の仕事に備えておとなしく家にいる場合が多い。
近隣の仲間 いわば常連さん達ならまだしも、
京都からてるちゃん。
大阪からゆきちゃん。
奈良からはめえさんにタケさん。

雨や仕事もモノともせずに集まってきたのは、まぎれもなくトッシーの魅力である。
大山の人気者で、この若く可愛い女性がおっさん臭いこの青春部屋に来ると言う

こんなことは未だかって無かったぞ、
まるで33年ぶりの天体ショーをひと目見ようと集まってきたような、
とは大げさだけど、
それぐらい皆の関心は彼女にあった。


ところが、
青春部屋の焼肉定食? ぢゃなく焼肉定員は、せいぜい5〜6名、
そこになんと、11名が集まった。
単純に

 「入れないやろ〜」

急遽、たくやんが家から長机を持ってきて継ぎ足して置いてくれてた、
キチキチに奥から詰めて座って行く
袖摺り合うもなんとか、、、、、どころの騒ぎでは無い

肩は触れる いやぶつかるわ、
膝も乗って 蹴り上げるわ、
乾杯の腕を突き出したら 絡まって飲めんわ😅
ちと大袈裟かσ^_^;

とにかくお隣さんに擦り寄りながら 
足も崩さずとにかく5人と5人。

1人余る。

 「廊下やな」

 「あほ!まだボケてへん」

その老化ちゃう
 

 「ほなら先ずは記念写真! ほれ けんじも一旦中入れ! おい 全員いるか よし 」 


画像



そして、事実上の大山決起集会が始まった。

思い思いに喋り出す11名。

画像


 「かんぱーい!」
 「肉くれ肉」
 「野菜は?」
 「玉ねぎあるぞ」

 「しっかし暑いのう」
 
 「なんでこんな暑い思いして焼肉やかんなんねん」

 「おい!扇風機 回したるさけ風は抜けるやろ、そやそこの戸を閉めよ」

 「えっ? 扇風機? どこ?」

と聞きながらこの部屋の主人が顎で示した方を見ると、
そこには外に向けて風を送る扇風機が付いていた

 「えー? あれ換気扇やん?」

 「あほ! 今日は扇風機よ! 回したるさけそこの扉閉めよさ! 風が流れるで!」

 「えー! それやったら開けておいた方がいいやん 」

 「その方が新鮮な空気が入って来るねんし」

 「そやそや!」

 「閉めてどうすんねん? クーラーちゃうねんから。」


画像


皆からボロクソ言われて戸を開けるこの部屋の主人(^ ^)
だいいち戸を閉めたら廊下の1人はどうすんねん


 「ほんで新しいのは調子ええのけ?」

 「ああ、ばばさんけ  走らんけどな」

 「婆さん走らすなよ 可哀想に!」

画像


 「ちゃうわ〜 誰がお婆を走らせるねん 883よ」

 「その883はどうなん? ええんけ?」

 「ああ、ええで 走らんけどよ か軽いのがええわ 」

 「そら何より  軽けりゃ山道もスイスイ行けるやろ」

 「あほ言え そそんなん ゆっくり行くわい そそれより おまえら 放って行くなよ」

 「あははは」

 
 「なあなあ ゆきちゃん 聞いてくれるけ、こいつらわしを放ったらかして行きよるんよ」

 
画像



 「わしは待ってたやろ」

 「お おう 待ってたけどよ」

 「何言うてんねん 俺が言うまで忘れて走とったで(^ ^)」

 「それを言うなよ」

 「ほほんまか やっぱりお前らは信用ならん」

 「あはは」

 「なあ なあ、わしはゆっくり走りたいんよ」

 「だったらゆっくり走っておけさ  無理に付いて行こうとせずに」

 「あほ 前がおらんなったら心配やんけ 道わからんし」

 「そう言えば何年か前、教習所の慣熟走行 たもっちゃんで渋滞してはったね」

画像



 「知ってる知ってる 直ぐ後ろが松井でイライラしとったんやろ」

 「そうそう私はその後ろに居ててんけど 保っちゃんの前はいつの間にか居なくなってて」

 「あれって先頭は教官やし後ろに合わせて走ってくれるのと違うん?」

 「それがや 2番手のひとしが教官に、後ろはほっといて先行けって言うたらしいで」


画像




 「あはは」

 「わしのはアメリカンやさけの 、そんなことより聞いてくれるけゆきちゃん、わしは誰と組むのか知らんけどよ」

 「保っちゃん こないだ わしはゆきちゃんと組みたい言うてたやんけ」

 「あほ それはやな お前らが放って行くさけやんけ ゆ ゆきちゃんはそンなに飛ばさらへんしよ」

 「ほなそうしとこか?」

 「いや わしは誰でもええねんけど お前やキクジはあかん ほ 放って行きよるさけ、わしは今年は優 優勝ねろてるさかいの〜」


 「優勝! ぢゃあ私ではダメです  ゆっくり過ぎて あかんもん」

 「でも ゆきちゃんは大山の女神経験してるやろ?」

 「あんなんあねさんのおかげやもん」

 「ところで てるさんバイク替えたんですか?」

 「いや替えてないよ」

画像


 「ほならカウルを外さはったん?」

 「いや カウルを替えてんハーフカウルにね あっきょちゃんと同じや」

 「あれなかなか 渋いですね〜」


画像



 「そやろ でも ちくっと色が合うて無いねん」

 「あははは」


 「キクちゃんそ言えば久々ちゃうん 会うん」

 「えっ?こないだ河原、、、来てへんか、、、ほならその前」

 「そやろ〜なんかすっごい久しぶり感あんねんけど」

 「そうか〜? ゆきちゃんの名前はしょっちゅう出て来るし、こないだもタケさんと会うてるし、俺は久しぶり感無いよ」


 「けんじ! お前 トラはどないなってん? どこからオイル吹いてんよ」


画像



 「それがですね〜 オイルフィルターに穴が空いて 、そこから漏れてたんですわ」

 「へえ〜 なんか石でも当たったんかな?」

 「わからないんですけど、とりあえず新名神走ってたら甲南のTN内で急に失速してそのまま惰力でなんとか甲南のPAまで行けたんですわ」

 「それってTN前から垂れてたちゅうこと?」

 「そやと思います」

 「へえ〜 オイルフィルターね〜 どっかで聞いたことあるような無いような」

 「そしたらフィルターとオイル替えたら直るんけ?」

 「それが〜 どうもエンジンまでダメージあるみたいなんですわ」

 「ぢゃあ乗り換え?」

 「いや それは許してもらえないと思います」

 「ぢゃあ しばらくはカブライダーやなぁ」

 「はい、近場誘って下さい」

 「それよりお前ちょっと退け! わし  わしは トッシーと写真撮るねん」


画像



 「ほな次はぼくや」


画像



 「わ わしは 今度の大山は 優勝すっでよ〜 ほんで頼むわ」


画像



 「え〜 頼むわ言われても 優勝って〜」

画像



ええ気分で一曲語っております
乾杯から4時間 宴たけなわではありますが、
奈良のめえさん、京都のてるちゃんが帰ります


画像



なんやかんや言って皆ゾロゾロお見送りに出てきたなあ〜と思ったら

 「あ〜外は涼しいの! やっぱり な 夏は外でせなあかんぞ!」


(^-^; そういう事か 


画像



2人を見送り、
幾分かは涼しくなった気がする青春部屋に戻ると
まだまだ暑き語りが繰り返されていた。    





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
面白い 面白い 面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
The seisyunbeya capacity is over. きくにいのしゃれっけ ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる